ベルタプエラリア    


通常価格:14960円
価格:6980円
通常送料無料
ピンキープラス    


通常価格:5980円
価格:2980円
通常送料無料
LUNA掘り出しバザール   


通常価格:8980円
価格:1980円
通常送料無料

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の

2種類がありどちらも卵巣から分泌されます

卵巣から勝手に分泌されるわけではなくホルモン分泌の司令塔

脳の視床下部から指令をうけて分泌されます

視床下部は血液中に流れ込むホルモンの量をチェックして分泌量に増減があると

正常な量にするように指令を出します

指令を受けて視床下部の下にある下垂体(かすいたい)から分泌されます

下垂体(かすいたい)は性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンを分泌します

卵胞刺激ホルモンは卵巣に働きかけて卵胞を成熟させエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を促します

一方の黄体化ホルモンは成熟した卵胞を刺激して排卵を促します

また排卵後の卵胞に黄体を作らせプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促す働きがあります

このようにホルモンの分泌は視床下部から下垂体(かすいたい)から卵巣の連携で行われています

この一連の流れの中にはフィードバック機能があります

フィードバック機能は女性ホルモンが一定量分泌されると脳がその情報を受け取り

多すぎると止める指令をだし少ないと出すように指令を出す機能のことです

思春期から性成熟期までの間このやり取りが正しく行われ正常な月経周期が保たれることになります

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性ホルモンのうち女性の体にもっとも深くかかわっているのはエストロゲン(卵胞ホルモン)です

女性ホルモンとはエストロゲン(卵胞ホルモン)を指すこともあります

思春期に丸みを帯びた体を作り乳房や性器の成熟を促すのはエストロゲン(卵胞ホルモン)の働きです

また排卵や月経を起こして妊娠機能を維持するという重要な働きをしています

他にも皮膚に張りを与えて美肌を保つ骨に作用してカルシウムを沈着させて骨を強くしたり

また血中の善玉コレステロールを上昇させて血管を綺麗にしたり女性の健康や心を守ります

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少は老化や肥満につながります

エストロゲン(卵胞ホルモン)は骨量の維持やコレステロールの代謝にかかわっています

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少により骨粗しょう症や脳梗塞、心筋梗塞などのつながる

高脂血症、高血圧などの生活習慣病のリスクが高くなります

また子宮がん乳がんの発生率も上昇します

この時期に起こる不調が更年期の症状だと思い我慢していたら他の病気の場合もあるので注意が必要です

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少による体への影響

エストロゲン(卵胞ホルモン)は脳神経系のおける成長にも影響します

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少は記憶力や認識力の低下に影響してきます

エストロゲン(卵胞ホルモン)にはカルシウムの形成や吸収を調節する働きがあるので

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少とともに骨量も急激に減少します

皮膚

皮膚の張りやみずみずしさを保つ働きしていたエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少により

更年期以降は皮膚が薄くなり乾燥しがちになり、たるみやしわなどが目立つようになります

泌尿器

膀胱や尿道の粘膜が萎縮して薄くなるために尿意を感じやすくなります

排尿に関係している筋肉の萎縮やゆるみにもつながり尿失禁につながります

膣粘膜に作用するエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少するの

抵抗力が弱くなり外部の刺激により炎症を起こしやすくなります

膣の潤いが不足してセックスのときに痛みを感じるときがあります

心臓

エストロゲン(卵胞ホルモン)には悪玉コレステロールを減少させて動脈硬化を防ぐ働きがあるので

月経のある期間は男性よりも若い血管を保つことができます

しかし閉経後は男性と同じで動脈硬化や心筋梗塞などの危険性が高くなります

ピンキープラス



初回通常価格:500円

2回目以降価格:2980円

通常送料無料

メーカー:

成分

ヘンプオイル、ロディオラロゼアエキス、食用サフラワー油、発酵ウコン末、ブラックコホシュ抽出物、マルトデキストリン、セイヨウカノコソウエキス、ワイルドヤムエキス末/ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪エステル

※詳細はコチラ
⇒ pinky plus

ピンキープラスの口コミ

ピンキープラスの口コミ1

A さん
飲み始めてまだ浅いですが若干ふわふわしてきて張ってきた感じがします

Bカップでしたが最近少し谷間ができはじめてますピンキープラスは安全な成分で安心して続けられそうです。

B さん
胸の張りはまだ見られず目に見えた効果はありません

ピンキープラスの口コミ2

サプリ さん
それほどの大きな効果はありませんでした。
A さん

まだピンキープラス飲み始めたばかりなので目に見えてを変化はありませんが
サイズダウンする事なくサイズを保っているので効果は一応感じます
B さん
2ヶ月飲み終わったあたりから胸が大きくなり始めました。

ピンキープラスの口コミ3

A さん
pinky plusを飲み始めてか2週間ですがトップバストが2cmサイズアップしました。

B さん
継続して飲むことで膨らみのあるハリですごくpinky plusサプリメントの効果を実感しました。

※詳細はコチラ
⇒ pinky plus



ルクセーヌオイル女性のあらゆる不調をサポートするアロマオイルです

女性特有の不調を抱える方々が増えていますがその症状の多くが

女性ホルモンバランスの乱れからきています

昔から女性のホルモンバランスは、月の周期に大きく影響されるといわれています。

女性の周期と似たリズムの月の満ち欠けに合わせたアロマオイルを

月の4つの周期、新月、上弦、満月、下弦に合わせて4種配合して女性のカラダ心を癒してくれます

最高品質のアロマオイル。心と体を癒したい方に最適♪無添加・世界基準【ルクセーヌオイル】

アロマオイルには肌から吸収され体に作用する効果と香りが脳を刺激して心に作用する2つの効果があります

アロマオイルの分子は細かいために皮膚の毛穴から真皮(しんぴ)まで

到達して血液の流れに乗り体内に吸収されます

肌を活性化させたり沈静化させる働きもあります

また香りは緊張した脳に刺激を与えリラックス、リフレッシュさせる働きがあります

香りは緊張した脳のストレスを解消させホルモンバランスや自律神経、免疫系を整えてくれます

スイートアーモンドオイルやアカデミアナッツオイルなどベースオイル5mg

アロマオイルを一滴の割合でたらしマッサージ用オイルを作ります

オイルを手に取り体の先端から心臓に向かいマッサージします

おなかはへその周りに時計回りに使用します

部屋でアロマの香りを楽しむときはキャンドルやアロマポッドで

お湯を入れた皿にアロマオイルを1滴から5滴たらします

もっと積極的に効果を感じたいときは洗面器やボウルに

お湯をはりアロマオイルを1滴から3滴たらして目を閉じて吸い込みます

マグカップや紙コップにお湯を入れてアロマオイルを1滴から2滴たらしても効果があります

ティッシュに1滴から2滴つけて持ち歩いたり眠る前に枕カバーに差し込むと安眠に効果的です
ラベンダー

心と体の調節作用に優れて緊張をほぐして落ち込んだ気分を和らげてくれます

体を温めて、むくみやうっ血を改善して頭痛、腰痛、生理痛を和らげます
クラリセージ

サルビアの1種で緊張してイライラした気分を和らげます

女性ホルモンの調節と子宮強壮作用もあり生理周期を整え生理痛を和らげます

生理が遅れている人や更年期の症状や無月経の人にお勧めです
イランイラン

緊張やストレスで緊張した心を穏やかにする効果があります

心身のバランスを回復させ女性ホルモンの調節と子宮強壮作用もあるため

月経周期を整え辛い生理痛を取り除いてくれます
ローズマリー

疲れがとれない体調が良くないときに有効です

血行を促進して冷え、むくみ、肩こりなどの筋肉の緊張を緩めてうっ血からくる痛みを改善します

消火器の働きを改善して便秘を改善します

差し込むような痛みの腹痛にも有効です

朝に吸い込むと効果的です
サイプレス

気分をリフレッシュさせ精神安定効果に有効です

体の機能を正常に保つように働く作用があります

体液のバランスを改善して、むくみや静脈瘤の予防にも効果的です

疲れてだるい足を楽にしてくれます

けいれんを抑える働きがあるために生理痛も和らげてくれます

更年期の症状による発汗、のぼせにも有効です
ゼラニウム

心と体から余分なものをとり浄化してくれます

イライラを鎮めて気分を高めて心のバランスを整えます

血行を促進して、むくみや頭、首、肩、腰の痛みを和らげます

ホルモンバランスを整え特に月経前症候群(PMS)のイライラや生理不順、更年期症状にも有効です
ペパーミント

心身を開放させて無気力な心を元気にします

うっ血を取り除きむくみを改善します

汗やほてりを治めて血行を良くするために頭、首、肩、腰の痛みを緩和します

ムカムカ、月経前症候群(PMS)の心の不調や体の不調にも有効です
ローマンカモマイル

子宮のあらゆる不調に有効です

鎮痛作用に優れ生理痛や月経前症候群(PMS)の腹痛を和らげます

さらに心身のバランス調節作用に優れストレス関連の不調にも有効です

胃腸の働きを正常にしてストレス性の胃痛、下痢、便秘を改善します
マジョラム

気分を落ち着かせて安眠効果があります

体を温めて血行を促進して生理痛を和らげます

頭、首、肩、腰の痛みにも有効で月経を正常化する作用もあります

たまったガスを追い出し便秘改善効果もあります
ローズ

ローズオイルは甘く柔らかいバラの香りで女性ホルモンのバランスを整える作用があり

中でも最上級のものには国家認定のダマスクローズがあります

女性のための万能オイルで気持ちを高めて幸福感を与えてくれます

月経前症候群(PMS)、更年期症状のイライラに有効です

子宮強壮作用もありホルモンバランスを改善します

血行を促進してけいれんを抑えるために生理痛に有効です

すべての肌にスキンケアの効果をもたらします
ジュニパー

体内のクレンジングをするオイルで血行促進、むくみ、静脈瘤、冷えなどの改善効果があります

肩こりや腰痛などの筋肉の痛みも和らげます

消火器に働きかけガスを追い出してお腹をすっきりさせ下痢を治します

足湯で使用すると汗が出て体が温まります

※詳細はコチラ
⇒ ストレス・女性特有の悩みケアに最適!【ルクセーヌオイル】

ハイ!調整豆乳不二製油
通常価格:4860円
初回価格:2430円
通常送料無料
50%OFF
【半額】悪玉コレステロールの値を下げる!「トクホ」の豆乳

豆乳の主な働きをする成分には以下のようなものがあります

大豆たんぱく、大豆イソフラボン、サポニン、大豆レシチン、リノール酸、リノレン酸

オリゴ糖、ビタミンB群、ビタミンE、フィチン酸、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維

大豆たんぱく

豆乳の原料である大豆たんぱく質は大豆の中に約35%も含まれています

大豆たんぱくの中には体内で作ることができない必須アミノ酸がすべて含まれています

ほかにも多数のアミノ酸が含まれバランスよくアミノ酸を補うことができます

大豆たんぱく質は様々な効果がありコレステロールの調節作用などがあります

摂取しすぎたコレステロールの排出を助けて血中コレステロールを低下させます

コレステロールの吸収と胆汁酸の再吸収の両方を防ぐ働きにより

脂肪の燃焼を促す働きもあるため肥満の改善に効果的です

血管自体を丈夫にするため冠動脈性疾患の予防にも役立ちます

そのほか制がん作用や抗アレルギー作用もあります

コレステロールの調節作用、肥満の改善、動脈硬化予防、がん予防、血圧低下、抗アレルギー作用

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは大豆の胚軸の部分に高濃度で含まれるフェノール類で12種類あります

大豆のえぐみ、苦味の成分で原料の大豆には33パーセントあります

大豆イソフラボンは植物性エストロゲンに似た働きがあり女性ホルモン関係の病気の緩和に役立ちます

更年期障害

更年期障害の症状にはイライラ、のぼせ、めまい、疲労感などがあります

これらはホルモンのバランスが崩れるためにおこります

ホルモンのバランスを整え更年期の症状だけでなく月経不順や生理痛の軽減に役立ちます

骨粗しょう症

人間の骨は成人後年齢とともにカルシウムが減少していき弱くなります

骨粗しょう症が女性に多いのはエストロゲンの働きによるものです

エストロゲンは骨からカルシウムが流出するのを防ぐ働きがあります

閉経後の女性に骨粗しょう症が多いのはエストロゲンの低下が原因に1つです

イソフラボンはエストロゲンの代わリカルシウムの流出を抑え骨が弱くなるのを防いでくれます

乳がん

乳がんはエストロゲンの過剰分泌が原因の1つと考えられています

イソフラボンはエストロゲンが不足していると補いエストロゲンが多すぎると減少させます

豆乳を飲むことは乳がんの予防に役立ちます

コレステロールを減少させる

大豆たんぱくもコレステロールを減少させますがイソフラボンにも同様の効果があります

善玉コレステロールを壊すことなく悪玉コレステロールだけ低下させてくれます

血液をサラサラにして動脈硬化の予防になります

イソフラボンは満腹中枢を刺激する作用もあり

食欲を抑制して食べすぎを抑えダイエット効果が期待できます

環境ホルモンから身体を守る

イソフラボンには環境ホルモンから身体を守る働きもあります

環境ホルモンには女性ホルモンとにた構造を持つもが在り

これらが身体の中の受容体と結びついて障害をもたらします

イソフラボンは受容体と結合することができるので環境ホルモンは結びつく相手を見つけられず

障害を引き起こす危険性が減少します

日本人は平均1日約15ミリから30ミリのイソフラボンを摂取しています

1日に推奨されるイソフラボンの量は約40ミリになります

豆乳ならコップ一杯小さいパック1つ程度で摂取することが可能です

更年期障害の予防、月経不順の改善、乳がん予防、前立腺がん予防、コレステロール低下

動脈硬化の予防、肥満改善、環境ホルモンの予防、骨粗しょう症予防

サポニン

サポニンは活性酸素を抑える抗酸化作用があります

体の酸化は肌の老化やしみやしわの原因になりガンなどの生活習慣病の原因になります

サポニンはサポニンは活性酸素を抑える働きや

抗酸化物質を補助する働きがあるので強力な抗酸化作用があります

この他にサポニンは脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあるのでダイエット効果が期待できます

血中コレステロールを下げる働きや抗ウイルス作用があるので

免疫力の強化や動脈硬化などの予防に効果的です

糖尿病予防、がんの予防、肌の老化防止、しみ、そばかすの予防、心臓病の予防、動脈硬化

大豆レシチン

大豆レシチンは大豆の脂質の1つでリン脂質の1種、細胞膜を作る役割を持った重要な物質です

細胞に酸素や栄養を送り不要なものを排出する働きがあります

現代人は大豆レシチンは不足している傾向があります

大豆レシチンは細胞を活性化させ体全体が若返り老化の防止や

シミやシワなどの肌のトラブルを抑える美肌効果が期待できます

大豆レシチンの乳化作用は血液をさらさらにする効果もあります

大豆レシチンには数種類の物質が集まり腸に入ると分解されこの中のコリンには脳に入ると

アセチルコリンに変わり神経伝達物質の働きをします

アセチルコリンにより脳細胞が活性化され記憶力が高まりボケの防止に役立ちます

コリンには肝脂肪を抑える働きがあり

高カロリー、高脂肪、高たんぱくの食事の人に最適になります

ストレスが多いと脳内のレシチンは低下してイライラしたり憂鬱になります

豆乳でレシチンを補うと心を穏やかにして精神状態の安定につながります

レシチンはその他の食べ物では卵黄、小麦、とうもろこしの胚芽に多く含まれています

細胞の活性化、体の若返り、肌の老化防止、脳の活性化、記憶力アップ

精神の安定、肝脂肪の抑制、血液浄化効果

リノール酸、リノレン酸

大豆には20㌫近くの脂質が含まれています

大豆に含まれる脂肪は不飽和脂肪酸で体に必要なものです

人の体内で作ることができないので食べ物から摂取する必要があります

大豆の脂質はリノール酸が主な成分でリノレン酸、オレイン酸、パルミチン酸が含まれています

リノレン酸、リノール酸は必須脂肪酸といわれる成分です

リノール酸は善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあります

リノレン酸はレシチンとともに細胞を作っています

リノレン酸、リノール酸は酸化しやすくですが豆乳にはビタミンEが含まれ細胞の酸化を防いでくれます

またオレイン酸も悪玉コレステロールを低下させ血液をさらさらにしてくれます

パルミチン酸は飽和脂肪酸ですが大豆には不飽和脂肪酸が含まれエネルギーになって働きます

コレステロールの低下、中性脂肪、動脈硬化の予防、細胞生成

オリゴ糖

豆乳にはオリゴ糖が含まれ腸の中で善玉菌として働きビフィズス菌や乳酸菌の働きを助けてくれます

便秘の解消や腸内の悪玉菌を抑え腸の働きを活発にしてくれます

発ガン物質を排出する効果があるので大腸がんの予防につながります

大豆のオリゴ糖は摂取した後体内での吸収が少なく活きたまま腸に届きおなかの調子を整えてくれます

発ガン物質を抑える、便秘の解消、整腸作用

ビタミンB群、ビタミンE

大豆にはビタミンB群、ビタミンEが豊富に含まれています

ビタミンB群でもビタミンB1はごはんの糖質の代謝に必要で日本人には重要なビタミンです

日本人には不足しがちなビタミンです

ビタミンEは若さを保つビタミンで体内の酸化を防ぎ生活習慣病の予防や肌の老化に最適です

血行を改善して血液循環を良くするので冷え性の改善に役立ちます

疲労回復、精神の安定、生活習慣病の予防、肌の老化防止

ミネラル類

豆乳にはミネラル類が豊富に含まれています

カリウム、マグネシウム、鉄分が多く含まれ他のミネラルも豊富に含まれています

カリウムは塩分を排出してむくみや高血圧の改善に役立ちます

マグネシウムは血管、心臓、神経などの活動を整えます

豆乳の鉄分は吸収率に問題はないので貧血の予防効果があります

血圧の調節、血管、心臓、神経の調節、酸素の供給

豆乳は血液中のコレステロール、中性脂肪などを減らす効果や体脂肪を減らす効果があります

豆乳の成分の中には脂質の吸収を抑え

体内の脂肪が蓄積するのを防いだり体脂肪を燃焼しやすくする働きがあります

体脂肪は少なくなりすぎるとホルモン分泌の低下などの障害が起きますが

豆乳はそれを補う働きがあります

豆乳のカロリーは低脂肪乳と同じぐらいでコレステロールもほとんどありません

コレステロールは人間に必要な栄養素ですが多くなりすぎると動脈硬化などの原因になります

豆乳は血液中の悪玉コレステロール(LDL)を低下させ善玉コレステロール(HDL)を増やすため

血液をサラサラにする働きや血管を丈夫にする働きがあります

また高くなった血糖値を下げる働きや血圧を低下させる働きもあります

更年期の緩和

更年期障害はほてり、のぼせ、発汗、肩こり、頭痛、不安、憂鬱などの症状があらわれます

豆乳はこれらの更年期の症状の緩和に役立ちます

女性ホルモンエストロゲン似た働きを持つ成分が豆乳に含まれエストロゲンの不足を補うことができます

更年期障害はエストロゲンの減少が原因の1つといわれ豆乳を摂取することで症状の緩和が期待できます

月経不順、生理痛の緩和

女性ホルモンのバランスが崩れることが大きな原因で更年期障害と同じように

豆乳の成分は女性ホルモンの分泌を促すので月経不順、生理痛にも効果があります

美肌効果

豆乳は肌荒れ、吹き出物を防ぐ、血行を良くするホルモンの分泌を促進するなど

健康な肌を守る成分が凝縮されています

抗酸化作用もあるので肌の老化防止や鉄も含まれれ貧血の予防に役立ちます

脳の活性化

豆乳には神経伝達物質を合成するレシチンが含まれ脳の働きを活発化するので

脳の活性化ボケの防止にも役立ちます

イライラの解消

豆乳にはビタミンB群が豊富に含まれるので集中力を高めイライラの解消に最適です

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症は骨がスカスカになる病気ですがカルシウムの摂取が大事です

エストロゲンの分泌量が減少すると骨にカルシウムを蓄える働きが減少して骨粗しょう症の原因になります

便秘を防ぐ

豆乳には腸内の善玉菌を助ける働きがあるので便秘の解消に効果があります

脱毛効果

豆乳は肌を綺麗にするだけでなくムダ毛の解消にも役立ちます

無調整豆乳、調整豆乳の違い

豆乳は4種類あります

無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料、大豆たんぱく飲料

この違いは大豆固形分と大豆たんぱくの含有量の違いのことです

無調整豆乳は大豆と水以外には何も足していないものです

調整豆乳には乳糖などを加えて風味を高めたものです

豆乳飲料はさらに果汁などを足したものです

大豆タンパク飲料は大豆から分離したタンパク質を原料にして作った飲料で

大豆たんぱくが50パーセント以下のものです

豆乳を1日で飲む量目安

飲む量は200ミリリットルで1日に必要なイソフラボンが摂取できます

200ミリリットル入りのパックで1本から2本が目安になります

ベルタプエラリア

3つのお得なキャンペーン

特典1

特別価格

通常価格:14960円
価格:6980円
通常送料無料
50%OFF

特典2

べルタアップジェル

4980円相当のもの

特典3

マル秘ガイドブック

 

※詳細はコチラ
⇒ ★プエラリアサプリなら『ベルタプエラリア』!★

ベルタプエラリアの口コミ

ベルタプエラリアの口コミ1

A さん
3ヶ月になりますが徐々に膨らみ始めてます
まだAからBくらいですが半年後どれくらいになるのか楽しみです
B さん
飲み続けて3週間から4週間たったころ

おっぱいが少しずつ張ってきた感じがする効果が出たのでもう少し飲んでみようと思います

ベルタプエラリアの口コミ2

A さん
半年ほど定期購入して飲みましたが目に見える効果は無かったです
B さん
1箱飲み切ったくらいなのですが
少しハリが出てきた程度です付属のマッサージジェルで
お風呂上がりもマッサージしていますが気長に試していきます。

ベルタプエラリアの口コミ3

A さん
ジェルとあわせて1年ほど続けましたが全く効果はありませんでした
B さん
3ヶ月使用していると胸が張り触ると痛く感じます。
お風呂上がりに付属のジェルでマッサージをして下着を付けると胸が以前より1カップ上がっていました。

※詳細はコチラ
⇒ ★プエラリアサプリなら『ベルタプエラリア』!★

月経不順

月経の正常な周期は25日から38日です

この範囲で6日ぐらいのずれは正常の範囲で更年期になると24日以下の短い周期で何回も月経がおこる

周期が39日以上もあくなど月経周期が乱れてきます

また月経量が増える過多月経や逆に月経量が極端に少ない

過小月経が起こったり月により量が多くなったり少なくなったりする人もいます

やがて無月経になり閉経を迎えます

1年以上たって次の月経がこない状態になったら閉経になります

更年期にはホルモンバランスの乱れから月経前に少量の出血があったり月経後もだらだらと出血が持続する

月経以外の出血も起こります

ホルモンのアンバランスで起こる機能性出血は自然になくなることが多く

子宮や卵巣の病気が原因で不正出血が起きていることもあります

月経不順も不正出血も病気が原因で起こることも多くあります

放置するのでなく病院で検査を受けることが大事です

月経不順や過多月経は女性に多い甲状腺の病気でもおこります

また月経の量が多く期間が長い場合は子宮筋腫、子宮頸官ポリープ

子宮体がん、子宮内膜症などの可能性があります

また性交後に少量の出血がある場合は

子宮頸がん、子宮頸官ポリープ膣炎、膣部びらんなどの可能性があります

卵巣機能の低下でおこる月経不順や機能性出血は体の自然な変化で治療は必要ありません

女性ホルモンは女性にとり健康のために必要で閉経前の時期には低容量ピルを使う方法もあります

低容量ピルを飲んでいると妊娠の心配も無くて

きちんと月経がくるようになり更年期による症状の治療にも有効です

月経期間が短い頻発月経や月経量が多い過多月経では

出血量が多くなるために貧血を起こすこともあります

動悸や息切れを更年期の症状と思っていたら貧血が原因のこともあります

貧血が酷い場合は鉄剤などを飲むことも必要です

セサミンサプリメント