豆乳の効能

ハイ!調整豆乳不二製油
通常価格:4860円
初回価格:2430円
通常送料無料
50%OFF
【半額】悪玉コレステロールの値を下げる!「トクホ」の豆乳

豆乳の主な働きをする成分には以下のようなものがあります

大豆たんぱく、大豆イソフラボン、サポニン、大豆レシチン、リノール酸、リノレン酸

オリゴ糖、ビタミンB群、ビタミンE、フィチン酸、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維

大豆たんぱく

豆乳の原料である大豆たんぱく質は大豆の中に約35%も含まれています

大豆たんぱくの中には体内で作ることができない必須アミノ酸がすべて含まれています

ほかにも多数のアミノ酸が含まれバランスよくアミノ酸を補うことができます

大豆たんぱく質は様々な効果がありコレステロールの調節作用などがあります

摂取しすぎたコレステロールの排出を助けて血中コレステロールを低下させます

コレステロールの吸収と胆汁酸の再吸収の両方を防ぐ働きにより

脂肪の燃焼を促す働きもあるため肥満の改善に効果的です

血管自体を丈夫にするため冠動脈性疾患の予防にも役立ちます

そのほか制がん作用や抗アレルギー作用もあります

コレステロールの調節作用、肥満の改善、動脈硬化予防、がん予防、血圧低下、抗アレルギー作用

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは大豆の胚軸の部分に高濃度で含まれるフェノール類で12種類あります

大豆のえぐみ、苦味の成分で原料の大豆には33パーセントあります

大豆イソフラボンは植物性エストロゲンに似た働きがあり女性ホルモン関係の病気の緩和に役立ちます

更年期障害

更年期障害の症状にはイライラ、のぼせ、めまい、疲労感などがあります

これらはホルモンのバランスが崩れるためにおこります

ホルモンのバランスを整え更年期の症状だけでなく月経不順や生理痛の軽減に役立ちます

骨粗しょう症

人間の骨は成人後年齢とともにカルシウムが減少していき弱くなります

骨粗しょう症が女性に多いのはエストロゲンの働きによるものです

エストロゲンは骨からカルシウムが流出するのを防ぐ働きがあります

閉経後の女性に骨粗しょう症が多いのはエストロゲンの低下が原因に1つです

イソフラボンはエストロゲンの代わリカルシウムの流出を抑え骨が弱くなるのを防いでくれます

乳がん

乳がんはエストロゲンの過剰分泌が原因の1つと考えられています

イソフラボンはエストロゲンが不足していると補いエストロゲンが多すぎると減少させます

豆乳を飲むことは乳がんの予防に役立ちます

コレステロールを減少させる

大豆たんぱくもコレステロールを減少させますがイソフラボンにも同様の効果があります

善玉コレステロールを壊すことなく悪玉コレステロールだけ低下させてくれます

血液をサラサラにして動脈硬化の予防になります

イソフラボンは満腹中枢を刺激する作用もあり

食欲を抑制して食べすぎを抑えダイエット効果が期待できます

環境ホルモンから身体を守る

イソフラボンには環境ホルモンから身体を守る働きもあります

環境ホルモンには女性ホルモンとにた構造を持つもが在り

これらが身体の中の受容体と結びついて障害をもたらします

イソフラボンは受容体と結合することができるので環境ホルモンは結びつく相手を見つけられず

障害を引き起こす危険性が減少します

日本人は平均1日約15ミリから30ミリのイソフラボンを摂取しています

1日に推奨されるイソフラボンの量は約40ミリになります

豆乳ならコップ一杯小さいパック1つ程度で摂取することが可能です

更年期障害の予防、月経不順の改善、乳がん予防、前立腺がん予防、コレステロール低下

動脈硬化の予防、肥満改善、環境ホルモンの予防、骨粗しょう症予防

サポニン

サポニンは活性酸素を抑える抗酸化作用があります

体の酸化は肌の老化やしみやしわの原因になりガンなどの生活習慣病の原因になります

サポニンはサポニンは活性酸素を抑える働きや

抗酸化物質を補助する働きがあるので強力な抗酸化作用があります

この他にサポニンは脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあるのでダイエット効果が期待できます

血中コレステロールを下げる働きや抗ウイルス作用があるので

免疫力の強化や動脈硬化などの予防に効果的です

糖尿病予防、がんの予防、肌の老化防止、しみ、そばかすの予防、心臓病の予防、動脈硬化

大豆レシチン

大豆レシチンは大豆の脂質の1つでリン脂質の1種、細胞膜を作る役割を持った重要な物質です

細胞に酸素や栄養を送り不要なものを排出する働きがあります

現代人は大豆レシチンは不足している傾向があります

大豆レシチンは細胞を活性化させ体全体が若返り老化の防止や

シミやシワなどの肌のトラブルを抑える美肌効果が期待できます

大豆レシチンの乳化作用は血液をさらさらにする効果もあります

大豆レシチンには数種類の物質が集まり腸に入ると分解されこの中のコリンには脳に入ると

アセチルコリンに変わり神経伝達物質の働きをします

アセチルコリンにより脳細胞が活性化され記憶力が高まりボケの防止に役立ちます

コリンには肝脂肪を抑える働きがあり

高カロリー、高脂肪、高たんぱくの食事の人に最適になります

ストレスが多いと脳内のレシチンは低下してイライラしたり憂鬱になります

豆乳でレシチンを補うと心を穏やかにして精神状態の安定につながります

レシチンはその他の食べ物では卵黄、小麦、とうもろこしの胚芽に多く含まれています

細胞の活性化、体の若返り、肌の老化防止、脳の活性化、記憶力アップ

精神の安定、肝脂肪の抑制、血液浄化効果

リノール酸、リノレン酸

大豆には20㌫近くの脂質が含まれています

大豆に含まれる脂肪は不飽和脂肪酸で体に必要なものです

人の体内で作ることができないので食べ物から摂取する必要があります

大豆の脂質はリノール酸が主な成分でリノレン酸、オレイン酸、パルミチン酸が含まれています

リノレン酸、リノール酸は必須脂肪酸といわれる成分です

リノール酸は善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあります

リノレン酸はレシチンとともに細胞を作っています

リノレン酸、リノール酸は酸化しやすくですが豆乳にはビタミンEが含まれ細胞の酸化を防いでくれます

またオレイン酸も悪玉コレステロールを低下させ血液をさらさらにしてくれます

パルミチン酸は飽和脂肪酸ですが大豆には不飽和脂肪酸が含まれエネルギーになって働きます

コレステロールの低下、中性脂肪、動脈硬化の予防、細胞生成

オリゴ糖

豆乳にはオリゴ糖が含まれ腸の中で善玉菌として働きビフィズス菌や乳酸菌の働きを助けてくれます

便秘の解消や腸内の悪玉菌を抑え腸の働きを活発にしてくれます

発ガン物質を排出する効果があるので大腸がんの予防につながります

大豆のオリゴ糖は摂取した後体内での吸収が少なく活きたまま腸に届きおなかの調子を整えてくれます

発ガン物質を抑える、便秘の解消、整腸作用

ビタミンB群、ビタミンE

大豆にはビタミンB群、ビタミンEが豊富に含まれています

ビタミンB群でもビタミンB1はごはんの糖質の代謝に必要で日本人には重要なビタミンです

日本人には不足しがちなビタミンです

ビタミンEは若さを保つビタミンで体内の酸化を防ぎ生活習慣病の予防や肌の老化に最適です

血行を改善して血液循環を良くするので冷え性の改善に役立ちます

疲労回復、精神の安定、生活習慣病の予防、肌の老化防止

ミネラル類

豆乳にはミネラル類が豊富に含まれています

カリウム、マグネシウム、鉄分が多く含まれ他のミネラルも豊富に含まれています

カリウムは塩分を排出してむくみや高血圧の改善に役立ちます

マグネシウムは血管、心臓、神経などの活動を整えます

豆乳の鉄分は吸収率に問題はないので貧血の予防効果があります

血圧の調節、血管、心臓、神経の調節、酸素の供給

豆乳は血液中のコレステロール、中性脂肪などを減らす効果や体脂肪を減らす効果があります

豆乳の成分の中には脂質の吸収を抑え

体内の脂肪が蓄積するのを防いだり体脂肪を燃焼しやすくする働きがあります

体脂肪は少なくなりすぎるとホルモン分泌の低下などの障害が起きますが

豆乳はそれを補う働きがあります

豆乳のカロリーは低脂肪乳と同じぐらいでコレステロールもほとんどありません

コレステロールは人間に必要な栄養素ですが多くなりすぎると動脈硬化などの原因になります

豆乳は血液中の悪玉コレステロール(LDL)を低下させ善玉コレステロール(HDL)を増やすため

血液をサラサラにする働きや血管を丈夫にする働きがあります

また高くなった血糖値を下げる働きや血圧を低下させる働きもあります

更年期の緩和

更年期障害はほてり、のぼせ、発汗、肩こり、頭痛、不安、憂鬱などの症状があらわれます

豆乳はこれらの更年期の症状の緩和に役立ちます

女性ホルモンエストロゲン似た働きを持つ成分が豆乳に含まれエストロゲンの不足を補うことができます

更年期障害はエストロゲンの減少が原因の1つといわれ豆乳を摂取することで症状の緩和が期待できます

月経不順、生理痛の緩和

女性ホルモンのバランスが崩れることが大きな原因で更年期障害と同じように

豆乳の成分は女性ホルモンの分泌を促すので月経不順、生理痛にも効果があります

美肌効果

豆乳は肌荒れ、吹き出物を防ぐ、血行を良くするホルモンの分泌を促進するなど

健康な肌を守る成分が凝縮されています

抗酸化作用もあるので肌の老化防止や鉄も含まれれ貧血の予防に役立ちます

脳の活性化

豆乳には神経伝達物質を合成するレシチンが含まれ脳の働きを活発化するので

脳の活性化ボケの防止にも役立ちます

イライラの解消

豆乳にはビタミンB群が豊富に含まれるので集中力を高めイライラの解消に最適です

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症は骨がスカスカになる病気ですがカルシウムの摂取が大事です

エストロゲンの分泌量が減少すると骨にカルシウムを蓄える働きが減少して骨粗しょう症の原因になります

便秘を防ぐ

豆乳には腸内の善玉菌を助ける働きがあるので便秘の解消に効果があります

脱毛効果

豆乳は肌を綺麗にするだけでなくムダ毛の解消にも役立ちます

無調整豆乳、調整豆乳の違い

豆乳は4種類あります

無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料、大豆たんぱく飲料

この違いは大豆固形分と大豆たんぱくの含有量の違いのことです

無調整豆乳は大豆と水以外には何も足していないものです

調整豆乳には乳糖などを加えて風味を高めたものです

豆乳飲料はさらに果汁などを足したものです

大豆タンパク飲料は大豆から分離したタンパク質を原料にして作った飲料で

大豆たんぱくが50パーセント以下のものです

豆乳を1日で飲む量目安

飲む量は200ミリリットルで1日に必要なイソフラボンが摂取できます

200ミリリットル入りのパックで1本から2本が目安になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です