エストロゲン減少と眼精疲労、老眼

エストロゲン減少と眼精疲労、老眼

40歳を過ぎると始まる目の老化が老眼です

老眼は近くを見るときにピントをあわせるための

水晶体が老化により弾力を失い調節力が衰えて起こるもので

近くが見えにくくなってきて老眼に気がつく人も多くいます

40代前半では疲れ目が持続して以前に比べて近くのもがみえにくいといった程度です

このころ小さな文字を読もうと思えば読めます

しかし45歳ころから目の老化が進んで小さな文字がだんだん読めなくなります

こうなると老眼は必ず必要になります

まだ若いから老眼鏡など必要ないと無理をしていると肩こり、頭痛などがひどくなってきます

これは文字がみえずらいために無理な姿勢をとっていることも大きな原因です

目の調節があわないまま近くを見る作業をしていると目や体に疲れがたまり疲労感がなかなかとれません

更年期の症状だとおもっていた頭痛や肩こりが老眼が原因で起こっている場合も少なくありません

更年期からは緑内障など目の成人病と呼ばれる病気も増えます

眼科検診を受けて老眼用や遠近用など適正なメガネをかけましょう

近視の人は遠近両用メガネのほかに中距離に絞った遠中両用などいくつかの組みあわせがあります

デスクワークで書類を見たりパソコン作業をすることが多い人は中近両用めがねが使いやすい場合もあります

自分にあうめがねを作るとよいでしょう

なお老眼は60歳ころまで比較的早く進行しておよそ2年から3年でレンズの度数が変わりますが

老眼の進行中は何度かレンズを変える必要があります

使用している老眼が見えにくくなったら検眼をして新しい老眼鏡に替えましょう

その他の病気

疲れ目はドライアイが原因で起こるときもあります

さらにドライアイには自己免疫疾患であるシェーグレン症候群が隠れていることもあります

また老眼だろうと放置すると緑内障が進行してしまうケースもあります