のぼせ、ほてり、多汗

更年期の症状でもっとも多いのがのぼせやほてり多汗です

突然起こり人に会うなどの緊張がきっかけで起こることもあります

仲にはいつ症状が起こるかわからないので外にに出ることを嫌がる人もいます

また夜中になると急に汗がたくさん出て熟睡できず

睡眠不足からイライラが酷くなり生活に影響がでる人もいます

更年期になると1日に数回エストロゲンが急激に上がったり下がったりします

この急激な変化でのぼせやほてり多汗といった症状が出てきます

本来自律神経は血管を拡張したり放熱したり逆に血管を収縮させて熱が逃げるのを防いで

体温を一定に保つ働きがあります

そのために自律神経が乱れると血管の拡張と収縮の調整がうまくできなくなります

一時的に血管が拡張すればのぼせやほてり多汗などが起こり逆に末端の血管が収縮して

血液の循環が悪くなると冷えの症状が起こります

ほてりやのぼせは高血圧や心臓の病気が原因のときもあり

多汗は甲状腺から甲状腺ホルモンが過剰に分泌される甲状腺機能亢進症が原因で起こることもあります

初期には多汗や動悸など更年期と同じ症状が多くあるので注意が必要です

これらの症状のほかに食べているのに少しずつやせる症状があると病院での検査をお勧めします

更年期の症状ののぼせやほてりは病気ではありませんが日常生活に支障があるときは

ホルモン補充療法や漢方薬、自律神経調整剤などの治療が行われます