月経不順

月経の正常な周期は25日から38日です

この範囲で6日ぐらいのずれは正常の範囲で更年期になると24日以下の短い周期で何回も月経がおこる

周期が39日以上もあくなど月経周期が乱れてきます

また月経量が増える過多月経や逆に月経量が極端に少ない

過小月経が起こったり月により量が多くなったり少なくなったりする人もいます

やがて無月経になり閉経を迎えます

1年以上たって次の月経がこない状態になったら閉経になります

更年期にはホルモンバランスの乱れから月経前に少量の出血があったり月経後もだらだらと出血が持続する

月経以外の出血も起こります

ホルモンのアンバランスで起こる機能性出血は自然になくなることが多く

子宮や卵巣の病気が原因で不正出血が起きていることもあります

月経不順も不正出血も病気が原因で起こることも多くあります

放置するのでなく病院で検査を受けることが大事です

月経不順や過多月経は女性に多い甲状腺の病気でもおこります

また月経の量が多く期間が長い場合は子宮筋腫、子宮頸官ポリープ

子宮体がん、子宮内膜症などの可能性があります

また性交後に少量の出血がある場合は

子宮頸がん、子宮頸官ポリープ膣炎、膣部びらんなどの可能性があります

卵巣機能の低下でおこる月経不順や機能性出血は体の自然な変化で治療は必要ありません

女性ホルモンは女性にとり健康のために必要で閉経前の時期には低容量ピルを使う方法もあります

低容量ピルを飲んでいると妊娠の心配も無くて

きちんと月経がくるようになり更年期による症状の治療にも有効です

月経期間が短い頻発月経や月経量が多い過多月経では

出血量が多くなるために貧血を起こすこともあります

動悸や息切れを更年期の症状と思っていたら貧血が原因のこともあります

貧血が酷い場合は鉄剤などを飲むことも必要です

セサミンサプリメント