エストロゲン減少としわ、しみ、肌の乾燥

エストロゲンしわ、しみ、肌の乾燥

更年期になると皮膚そのものの老化とエストロゲンの減少も重なり

しわ、しみ、肌の乾燥などの肌トラブルが起こります

エストロゲンが減少すると皮膚の線維組織を構成している

コラーゲンの量が減少したり質的変化を起こすために皮膚の弾力がなくなります

さらに皮膚の潤いを保つ脂肪や水分を補給する皮脂腺の働きも低下してしまいます

その結果しみやしわ、たるみ、肌の乾燥などが生じます

一方頬や目の周り額などに薄茶色から褐色の色素沈着が起こるものをしみといいます

一番の原因は紫外線です

紫外線を浴びるたびに数が増えたり色が濃くなってくるので対策が必要です

紫外線は肌の老化の原因にもなるので紫外線の対策が必要です

更年期に現れる皮膚のトラブルは年齢によるもので皮膚組織の変化が深く関係しているので

予防やケアは難しくなります

しかしなにも対策をしないと肌の衰えは進行してしまいます

顔も体もそれぞれにあった保湿ケアを行い乾燥を防ぎましょう

睡眠を十分とり健康状態に気をつけましょう

ストレスをためないバランスの良い食事を心がけるなど規則正しい生活が基本で

体の内面から肌対策に取り組むことが大切です

強い紫外線や寒風にさらされるのも肌の老化を早める原因になります

帽子や日傘、紫外線予防効果のある化粧品を上手に利用しましょう

紫外線は木陰や軒先にも届きます

また晴れた日ばかりでなく雨の日や曇りの日も降り注いでいるので注意が必要です

その他の病気

皮膚の乾燥とかゆみは内臓の病気でも生じます

腎臓病や糖尿病、肝臓病などでも起こる場合もあります

皮膚の乾燥は症状が強い場合病院を受診しましょう

一般にホルモン補充を受けている人はしみやたるみといった皮膚のトラブルが少ないといわれています