エストロゲン減少と腰痛、背中痛

腰や背中の痛みを訴える人は姿勢が悪くハイヒールを履く肥満傾向にあるなど

腰に慢性的な負担をかけていることが少なくありません

特に更年期世代からは骨や軟骨などの老化や腰痛や背痛が起きやすくなります

女性ホルモンの減少により血液循環が悪くなっていることも症状を進行させる原因になります

閉経以降は骨粗しょう症が原因のこともあります

腰痛や背痛が起きたら骨粗しょう症チェックが必要です

肥満を解消して同じ姿勢で長時間しない中腰の姿勢をなるべくとらない生活を心がけましょう

腰を冷やさないことも大切です

その他の病気

背中の痛みは灰や胃腸、すい臓などの病気でも起こることもあります

腰痛は子宮筋腫や卵巣の病気で起きる場合もありますが脊椎の変形で

神経の一部が圧迫されて起こる場合も多くあります

姿勢や動作で痛みが変化する場合は整形外科を受診しましょう