頭痛にもいろいろな種類があります

頭が重い、頭全体ががんがん痛む片側だけ痛むなど症状が様々になります

1日のうち何度も起こったり数日あいてまた起こったり繰り返すことが多くあります

原因はエストロゲンの分泌の変動による自律神経の乱れ老眼が始まることによる

眼精疲労、ストレス、肩こり、首筋などのコリが原因です

つらいときはがまんしないで市販の頭痛薬で痛みを抑えましょう

ただし長期間の服用は胃に負担をかけるのでよくありません

目や鼻、耳、歯、甲状腺の病気、高血圧などでも頭痛が起こります

またくも膜下出血や脳腫瘍などの脳神経系の病気でも起こるので注意が必要です

痛みが強いときや痛みが長期間あるとき吐き気やめまいなどの症状が

持続するときには病院で検査をうけましょう

検査で病気でないことがわかり更年期の症状の場合は

HRTホルモン補充療法や漢方や鎮痛剤による治療を行います

肩や首筋のこりが原因の場合はストレッチなど筋肉のこりをほぐす運動を行いましょう

入浴のときにシャワーですませずお湯につかり体を温め血行を促進して肩こりや首筋のこりを解消します

眼精疲労がある場合は長時間の読書や仕事のときにときどき目を休めるようにしましょう

遠くを見たり眼球を上下左右に動かしたりして疲れをとります

デスクワークで長時間同じ姿勢でいると首や肩などの筋肉を疲労させて頭痛の原因になります

ときどき姿勢を変えてこまめに休憩をいれましょう

また足腰の冷えも筋肉をこわばらせ頭痛の原因になります

冷房による冷えなどに対しても冷えすぎないように対策が必要です