膣は肛門に近く不衛生で常に感染を起こす危険にさらされています

しかしそのかわり感染が起こりにくいのは膣には自浄作用があるためで通常は感染が起こりにくくなっています

膣の中には乳酸を作り出すデーデルライン桿菌という常在菌がいて膣内を酸性状態に保っています

そのために病原菌が侵入しにくく侵入しても酸性の中では生きていけないので死滅してしまいます

膣炎と呼ばれる膣の炎症はこの自浄作用が低下したときに起こります

女性なら誰でもかかることがある一般的病気です

原因によりいろいろな膣炎がありますが更年期から増えてくるのはエストロゲン減少による萎縮性膣炎です

大腸菌やブドウ球菌などの細菌に感染した膣粘膜が乾燥したりして炎症を起こします

閉経が近くなるとエストロゲンが低下して膣粘膜が萎縮して薄くなり膣内の自浄作用が衰えます

その結果細菌などに感染しやすくなります

膣の自浄作用が落ちているので外陰部を清潔にすることを心がけましょう

強く洗いすぎるとかえって外陰部の粘膜を刺激したり傷をつけることになり注意が必要です

外陰部を洗うときは刺激になる石鹸は避けて刺激の少ない石鹸でやさしく洗いお湯で流す程度にしましょう

ガードルなどで体を締め付ける下着や通気性の悪い下着は膣や外陰部がむれて膣炎をおこすきっかけになります

また過労や睡眠不足などで体の抵抗力が落ちているときは病原菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です

その他の膣炎

膣カンジタ菌

カビの一種のカンジタ菌により起こります

抗生物質の服用や体の抵抗力が落ちたときに発病しやすく性行為で感染することもあります

カッテージチーズのようなおりものが増えて強いかゆみが特徴で

治療には抗真菌性の膣錠剤や内服薬を使用します

7日から10日で良くなりますが再発することがよくあります

膣トリコモナス症

トリコモナスという原虫によりおこります

ほとんどが性行為による感染でかゆみが強く細かい泡状の黄色っぽいもしくは緑がかったものが多くなります

膣以外に尿路に感染していることも多く膀胱炎に似た排尿痛があるのも特徴です

治療には抗トリコモナス剤の内服薬や膣錠剤を使用します

完治までには約2週間前後かかります