ベルタプエラリア    


通常価格:14960円
価格:6980円
通常送料無料
ピンキープラス    


通常価格:5980円
価格:2980円
通常送料無料
LUNA掘り出しバザール   


通常価格:8980円
価格:1980円
通常送料無料

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の

2種類がありどちらも卵巣から分泌されます

卵巣から勝手に分泌されるわけではなくホルモン分泌の司令塔

脳の視床下部から指令をうけて分泌されます

視床下部は血液中に流れ込むホルモンの量をチェックして分泌量に増減があると

正常な量にするように指令を出します

指令を受けて視床下部の下にある下垂体(かすいたい)から分泌されます

下垂体(かすいたい)は性腺刺激ホルモンである卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンを分泌します

卵胞刺激ホルモンは卵巣に働きかけて卵胞を成熟させエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌を促します

一方の黄体化ホルモンは成熟した卵胞を刺激して排卵を促します

また排卵後の卵胞に黄体を作らせプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促す働きがあります

このようにホルモンの分泌は視床下部から下垂体(かすいたい)から卵巣の連携で行われています

この一連の流れの中にはフィードバック機能があります

フィードバック機能は女性ホルモンが一定量分泌されると脳がその情報を受け取り

多すぎると止める指令をだし少ないと出すように指令を出す機能のことです

思春期から性成熟期までの間このやり取りが正しく行われ正常な月経周期が保たれることになります

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性ホルモンのうち女性の体にもっとも深くかかわっているのはエストロゲン(卵胞ホルモン)です

女性ホルモンとはエストロゲン(卵胞ホルモン)を指すこともあります

思春期に丸みを帯びた体を作り乳房や性器の成熟を促すのはエストロゲン(卵胞ホルモン)の働きです

また排卵や月経を起こして妊娠機能を維持するという重要な働きをしています

他にも皮膚に張りを与えて美肌を保つ骨に作用してカルシウムを沈着させて骨を強くしたり

また血中の善玉コレステロールを上昇させて血管を綺麗にしたり女性の健康や心を守ります

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少は老化や肥満につながります

エストロゲン(卵胞ホルモン)は骨量の維持やコレステロールの代謝にかかわっています

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少により骨粗しょう症や脳梗塞、心筋梗塞などのつながる

高脂血症、高血圧などの生活習慣病のリスクが高くなります

また子宮がん乳がんの発生率も上昇します

この時期に起こる不調が更年期の症状だと思い我慢していたら他の病気の場合もあるので注意が必要です

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少による体への影響

エストロゲン(卵胞ホルモン)は脳神経系のおける成長にも影響します

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少は記憶力や認識力の低下に影響してきます

エストロゲン(卵胞ホルモン)にはカルシウムの形成や吸収を調節する働きがあるので

エストロゲン(卵胞ホルモン)の減少とともに骨量も急激に減少します

皮膚

皮膚の張りやみずみずしさを保つ働きしていたエストロゲン(卵胞ホルモン)の減少により

更年期以降は皮膚が薄くなり乾燥しがちになり、たるみやしわなどが目立つようになります

泌尿器

膀胱や尿道の粘膜が萎縮して薄くなるために尿意を感じやすくなります

排尿に関係している筋肉の萎縮やゆるみにもつながり尿失禁につながります

膣粘膜に作用するエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少するの

抵抗力が弱くなり外部の刺激により炎症を起こしやすくなります

膣の潤いが不足してセックスのときに痛みを感じるときがあります

心臓

エストロゲン(卵胞ホルモン)には悪玉コレステロールを減少させて動脈硬化を防ぐ働きがあるので

月経のある期間は男性よりも若い血管を保つことができます

しかし閉経後は男性と同じで動脈硬化や心筋梗塞などの危険性が高くなります

月経不順

月経の正常な周期は25日から38日です

この範囲で6日ぐらいのずれは正常の範囲で更年期になると24日以下の短い周期で何回も月経がおこる

周期が39日以上もあくなど月経周期が乱れてきます

また月経量が増える過多月経や逆に月経量が極端に少ない

過小月経が起こったり月により量が多くなったり少なくなったりする人もいます

やがて無月経になり閉経を迎えます

1年以上たって次の月経がこない状態になったら閉経になります

更年期にはホルモンバランスの乱れから月経前に少量の出血があったり月経後もだらだらと出血が持続する

月経以外の出血も起こります

ホルモンのアンバランスで起こる機能性出血は自然になくなることが多く

子宮や卵巣の病気が原因で不正出血が起きていることもあります

月経不順も不正出血も病気が原因で起こることも多くあります

放置するのでなく病院で検査を受けることが大事です

月経不順や過多月経は女性に多い甲状腺の病気でもおこります

また月経の量が多く期間が長い場合は子宮筋腫、子宮頸官ポリープ

子宮体がん、子宮内膜症などの可能性があります

また性交後に少量の出血がある場合は

子宮頸がん、子宮頸官ポリープ膣炎、膣部びらんなどの可能性があります

卵巣機能の低下でおこる月経不順や機能性出血は体の自然な変化で治療は必要ありません

女性ホルモンは女性にとり健康のために必要で閉経前の時期には低容量ピルを使う方法もあります

低容量ピルを飲んでいると妊娠の心配も無くて

きちんと月経がくるようになり更年期による症状の治療にも有効です

月経期間が短い頻発月経や月経量が多い過多月経では

出血量が多くなるために貧血を起こすこともあります

動悸や息切れを更年期の症状と思っていたら貧血が原因のこともあります

貧血が酷い場合は鉄剤などを飲むことも必要です

セサミンサプリメント

のぼせ、ほてり、多汗

更年期の症状でもっとも多いのがのぼせやほてり多汗です

突然起こり人に会うなどの緊張がきっかけで起こることもあります

仲にはいつ症状が起こるかわからないので外にに出ることを嫌がる人もいます

また夜中になると急に汗がたくさん出て熟睡できず

睡眠不足からイライラが酷くなり生活に影響がでる人もいます

更年期になると1日に数回エストロゲンが急激に上がったり下がったりします

この急激な変化でのぼせやほてり多汗といった症状が出てきます

本来自律神経は血管を拡張したり放熱したり逆に血管を収縮させて熱が逃げるのを防いで

体温を一定に保つ働きがあります

そのために自律神経が乱れると血管の拡張と収縮の調整がうまくできなくなります

一時的に血管が拡張すればのぼせやほてり多汗などが起こり逆に末端の血管が収縮して

血液の循環が悪くなると冷えの症状が起こります

ほてりやのぼせは高血圧や心臓の病気が原因のときもあり

多汗は甲状腺から甲状腺ホルモンが過剰に分泌される甲状腺機能亢進症が原因で起こることもあります

初期には多汗や動悸など更年期と同じ症状が多くあるので注意が必要です

これらの症状のほかに食べているのに少しずつやせる症状があると病院での検査をお勧めします

更年期の症状ののぼせやほてりは病気ではありませんが日常生活に支障があるときは

ホルモン補充療法や漢方薬、自律神経調整剤などの治療が行われます

 

 

頭痛にもいろいろな種類があります

頭が重い、頭全体ががんがん痛む片側だけ痛むなど症状が様々になります

1日のうち何度も起こったり数日あいてまた起こったり繰り返すことが多くあります

原因はエストロゲンの分泌の変動による自律神経の乱れ老眼が始まることによる

眼精疲労、ストレス、肩こり、首筋などのコリが原因です

つらいときはがまんしないで市販の頭痛薬で痛みを抑えましょう

ただし長期間の服用は胃に負担をかけるのでよくありません

目や鼻、耳、歯、甲状腺の病気、高血圧などでも頭痛が起こります

またくも膜下出血や脳腫瘍などの脳神経系の病気でも起こるので注意が必要です

痛みが強いときや痛みが長期間あるとき吐き気やめまいなどの症状が

持続するときには病院で検査をうけましょう

検査で病気でないことがわかり更年期の症状の場合は

HRTホルモン補充療法や漢方や鎮痛剤による治療を行います

肩や首筋のこりが原因の場合はストレッチなど筋肉のこりをほぐす運動を行いましょう

入浴のときにシャワーですませずお湯につかり体を温め血行を促進して肩こりや首筋のこりを解消します

眼精疲労がある場合は長時間の読書や仕事のときにときどき目を休めるようにしましょう

遠くを見たり眼球を上下左右に動かしたりして疲れをとります

デスクワークで長時間同じ姿勢でいると首や肩などの筋肉を疲労させて頭痛の原因になります

ときどき姿勢を変えてこまめに休憩をいれましょう

また足腰の冷えも筋肉をこわばらせ頭痛の原因になります

冷房による冷えなどに対しても冷えすぎないように対策が必要です

心配事やストレスがたまっていると誰でも睡眠障害になりやすくなります

不眠は誰でも起こりますが通常と違いひんぱんに起こり生活に支障が出るなら不眠症です

うつ病などの精神疾患の1つの症状として起こることもあります

不眠が長くなると昼間疲れやすく、だるさ、頭痛、いらいらなどが起こり思考力や様々な能力が低下します

逆に不眠が軽くなればほかの症状も楽になることがあります

更年期に起こる症状の不眠になることもあります

夜寝入ってから急にのぼせ、寝汗をかいて目が覚めたり手足が冷えて眠れなくなるなどです

不眠には複数のパターンがあり入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒などです

これらが重なるこよもありまた熟睡感がない人もいます

特にうつ状態では早朝覚醒が多いといわれています

睡眠薬を処方しもらう場合はこれらの不眠のパターンが大切な情報となります

更年期障害とともい起こりがちなうつ状態では不眠は必ず見られます

うつ状態は更年期でなくても起こります

また不眠に睡眠時無呼吸症候群が隠れていることもあります

更年期によるものの場合はホルモン補充療法などの治療が行われます

それだけでよくならない場合は睡眠薬や精神薬が必要です

精神疾患として軽い場合は更年期の治療になりますがひどい場合は精神科の受診が必要です

向精神薬の服用は医師との相談が必要です

向精神薬はよく効くので良くなったように思いますがストレスが解消されなければ良くなりません

就寝前にぬるめのお湯にゆっくりつかり体温を少し上げて心身をリラックスさせると眠りにつきやすくなります

眠れないことを気にしすぎるとますます眠れなくなります

横になるだけでも体は休むので気持ちをゆっくり構えて不眠の悪循環から抜け出せることもあります

更年期の症状には気分の落ち込みや不安などの心の症状がが表れることも多くあります

女性が更年期を迎えるころになると子供や夫との関係などや仕事の悩みなどストレスがたまります

また女性ホルモンエストロゲンの減少で物忘れや判断力が鈍くなり体力や気力も低下してきます

そのような変化により落ち込んだりすることもあります

不安感を抱いたり役割を失った喪失感や寂寥感疲労感など気分が落ち込んでしまいます

心身ともに不安定になり何もする気にならないなどの状態になる人もいます

自分だけで解決できないことは友人や信頼の置ける人に相談しましょう

完璧主義の人ほど気分の落ち込み不安感が強くなるといわれます

今の自分を受け入れると気持ちが楽になります

眠れないときやストレス解消にと軽い気持ちで始めたお酒の習慣がやがて依存症になるケースが多くあります

特に女性の場合は女性ホルモンがアルコールの代謝を妨げるなど

男性に比べてアルコール依存症になりやすいので注意が必要です

アルコールだけでなく買い物依存症ギャンブル依存症などの様々な症状がありますが

その原因には心のむなしさや寂しさを埋めようとする気持ちがあります

依存症は心の問題が解決しない限り良くなることがありません

心療内科などの専門の人への相談が大事です

アスタキサンチンサプリメント

口の中はいつも唾液が出て潤っています

唾液の分泌量が減少して口が渇いてしまった状態がドライマウスです

舌や歯茎や頬の内側の粘膜も唾液により保護され口の中が乾くと歯と舌などが

こすれて小さな傷がたくさんできて舌がピリピリします

唾液が少ないために食べ物が飲みにくくなり発音がしにくいなどがあります

食べ物の味は味の成分が唾液にとけて始めて感じられ唾液が少ないと味も分かりにくく

食べても美味しくないなど生活に支障がでてきます

唾液には口の中抗菌作用自浄作用があるので

ドライマウスになると口臭がひどくなり虫歯や歯周病にもかかりやすくなります

唾液は年齢とともに分泌量が減ってくるので更年期の時には女性ホルモンの低下により口の中が乾きます

そのためにドライマウスは更年期以降に多く50歳以上になると増えてきます

降圧剤や精神薬などの薬の副作用で口の中が乾いたりガンの放射線治療により

唾液腺が破壊されドライマウスが起こることもあります

さらに糖尿病や甲状腺の病気やシェーグレン症候群などの病気の可能性もあるので注意が必要です

ドライマウスが気になるときは病気のこともあるので病院で検査をうけましょう

またストレスの多い生活やよく噛まないで食べると唾液の分泌量が減少することがあります

病気が原因でドライマウスが起こる場合は病気の治療を優先されます

ドライマウスの治療には口の渇きによる痛みや口内炎などには口の中の粘膜を修復するうがいの薬や

唾液に近い成分を配合した保湿ジェルや保湿スプレーを使用して口に潤いを与えます

唾液の分泌量が極端に減少するシェーグレン症候群の場合は塩酸セビメリンという内服薬を使用します

ガムを食べるのは唾液の分泌を促します

エストロゲン減少と疲労感、倦怠感

激しい運動をしたり仕事をした後の強い疲労感や倦怠感は休息をとったり眠ることで解消できるものです

疲れが取れれば爽快な気分になります

これに対して更年期特有の疲労感、倦怠感は程度は軽くても自覚症状が持続します

1日の疲れがなかなかとれない、とくに疲れたことをしたわけでないのに

体がだるい何もする気がしない症状です

以前ほどの気力が出なくてスタミナがなくなったことを実感するようになります

仕事を持つ女性などは思うように仕事がこなせないことから自信をなくしたり

うつ状態に陥ることもあります

更年期の女性の7割が疲労感、倦怠感に悩まされています

これらの症状はホルモンや自律神経の一時的な変調を

調整しようとして体全体反応して無理をした結果です

このようなときはスローペースで過ごす時期と割り切りあせらず無理をしないことです

どうしても症状が良くならない場合は婦人科に相談しましょう

自律神経調整剤や精神安定剤を使用したりホルモン補充療法漢方の治療が行われます

十分な睡眠を確保して疲れやすい状態であることを家族にも伝えて夜はできるだけ

決まった時間に寝るようにして体調を整えましょう

仕事も家事も1日にこなす量を少なめにしてゆとりをもたせましょう

疲れは更年期の症状を強くするのでこまめに休むようにしましょう

他の人にも頼み自分ひとりで背負い込まないようにしましょう

疲れがとれないからといってごろごろしているのではなく体を動かすほうが気分がすっきりします

手軽にできるウォーキングなどの自分にあった運動をしましょう

その他の病気

疲労感や倦怠感は貧血や内臓の病気、甲状腺の病気、うつ病などでも現れます

検査で異常が見つからない場合更年期によるものと考えられます

エストロゲン減少と眼精疲労、老眼

40歳を過ぎると始まる目の老化が老眼です

老眼は近くを見るときにピントをあわせるための

水晶体が老化により弾力を失い調節力が衰えて起こるもので

近くが見えにくくなってきて老眼に気がつく人も多くいます

40代前半では疲れ目が持続して以前に比べて近くのもがみえにくいといった程度です

このころ小さな文字を読もうと思えば読めます

しかし45歳ころから目の老化が進んで小さな文字がだんだん読めなくなります

こうなると老眼は必ず必要になります

まだ若いから老眼鏡など必要ないと無理をしていると肩こり、頭痛などがひどくなってきます

これは文字がみえずらいために無理な姿勢をとっていることも大きな原因です

目の調節があわないまま近くを見る作業をしていると目や体に疲れがたまり疲労感がなかなかとれません

更年期の症状だとおもっていた頭痛や肩こりが老眼が原因で起こっている場合も少なくありません

更年期からは緑内障など目の成人病と呼ばれる病気も増えます

眼科検診を受けて老眼用や遠近用など適正なメガネをかけましょう

近視の人は遠近両用メガネのほかに中距離に絞った遠中両用などいくつかの組みあわせがあります

デスクワークで書類を見たりパソコン作業をすることが多い人は中近両用めがねが使いやすい場合もあります

自分にあうめがねを作るとよいでしょう

なお老眼は60歳ころまで比較的早く進行しておよそ2年から3年でレンズの度数が変わりますが

老眼の進行中は何度かレンズを変える必要があります

使用している老眼が見えにくくなったら検眼をして新しい老眼鏡に替えましょう

その他の病気

疲れ目はドライアイが原因で起こるときもあります

さらにドライアイには自己免疫疾患であるシェーグレン症候群が隠れていることもあります

また老眼だろうと放置すると緑内障が進行してしまうケースもあります