エストロゲン減少と動悸息切れ

階段を上ったり激しい運動をしたあとなどは誰でも脈拍が速くなったり胸がどきどきするものですが

更年期の症状として現れる動悸息切れはこれといったきっかけも無く起こるのが特徴です

夜寝ているときに急に動悸がして驚いて目が覚めるという人もいます

また胸がどきどきしてなんとなく胃がすっきりしないという症状の場合もあります

主な原因は心臓の拍動をコントロールしたり胃の働きを調節している自律神経の乱れによるもので

不安に思ったり気分が落ち込んだときなども起こりやすくなります

更年期になると女性ホルモンエストロゲンの分泌が急激に減少して自律神経が上手く働かなくなります

動悸息切れなどの発作が起こったときまずは深呼吸して気持ちを落ち着かせることが大事です

症状が激しい場合は過呼吸の状態になっている場合が多く

これは空気中の酸素を多く吸い込み一時的に血液中の二酸化酸素の濃度が低くなった状態です

過呼吸に対しては紙袋を口に当て自分の息をゆっくり吸い込むようにすれば

血液中の二酸化炭素の濃度が調整され発作が自然におさまります

過労や過度の不安があると症状が出やすくなります

睡眠を十分とり好きなスポーツや趣味を楽しみなど気分転換をはかりましょう

食生活

貧血が原因であれば食生活の改善が基本になります

レバーほうれん草、アサリなどの鉄分を多く含んだ食品を摂取しましょう

カフェインの多いコーヒーや紅茶などの飲みすぎや喫煙アルコールなども原因になりやすので控えましょう

その他の病気

心臓の病気でも動悸や息切れがします

更年期は狭心症や心筋梗塞などの心臓病に気をつけなくてはいけない年齢で

症状が現れたらまず検査を受けて原因を確かめておく事が大事です

また貧血や肥満によっても動悸や息切れが起こります

検査で異常がなくて更年期の症状とわかれば特に心配はいりません

エストロゲン白髪、細毛、薄毛

更年期になると髪が細くなります

抜け毛や切れ毛が増える髪につやがなくなりパサついた感じになる

髪が細くなり髪全体にボリュームがなくなり地肌が見える白髪が増えるなど

抜け毛や切れ毛が増えるのは血液の循環が悪くなって毛根に十分な栄養や酸素が行き届かなくなり

髪が弱くなってくるのが原因です

また髪が黒く見えるのは毛根に含まれているメラニン色素によるもので毛根が老化して

メラニン色素の生成が低下したり停止すると白髪になります

頭皮の血行をよくするために指先でマッサージしましょう

育毛効果のあるハーブを使用したアロマオイルで行うと効果的です

ブラッシングは根元から無理にとかすと髪も頭皮も傷めるので毛先から少しずつとかしていくのが大事です

毛髪のためには頭皮を守ることが大切です

刺激の強い日光や洗浄力の高いシャンプーは避けましょう

熱すぎるドライヤーも頭皮を傷め抜け毛の原因になります

毛髪の主な成分はたんぱく質です

肉、野菜大豆製品などたんぱく質をとることが基本です

ほかにヨウ素などのミネラルを多く含む海藻や髪の毛の細胞を作るのに役立つ鉄分

髪の毛の成長を促すビタミンB群血行を促すビタミンEもバランスよく摂取しましょう

エストロゲン減少としわ、しみ、肌の乾燥

エストロゲンしわ、しみ、肌の乾燥

更年期になると皮膚そのものの老化とエストロゲンの減少も重なり

しわ、しみ、肌の乾燥などの肌トラブルが起こります

エストロゲンが減少すると皮膚の線維組織を構成している

コラーゲンの量が減少したり質的変化を起こすために皮膚の弾力がなくなります

さらに皮膚の潤いを保つ脂肪や水分を補給する皮脂腺の働きも低下してしまいます

その結果しみやしわ、たるみ、肌の乾燥などが生じます

一方頬や目の周り額などに薄茶色から褐色の色素沈着が起こるものをしみといいます

一番の原因は紫外線です

紫外線を浴びるたびに数が増えたり色が濃くなってくるので対策が必要です

紫外線は肌の老化の原因にもなるので紫外線の対策が必要です

更年期に現れる皮膚のトラブルは年齢によるもので皮膚組織の変化が深く関係しているので

予防やケアは難しくなります

しかしなにも対策をしないと肌の衰えは進行してしまいます

顔も体もそれぞれにあった保湿ケアを行い乾燥を防ぎましょう

睡眠を十分とり健康状態に気をつけましょう

ストレスをためないバランスの良い食事を心がけるなど規則正しい生活が基本で

体の内面から肌対策に取り組むことが大切です

強い紫外線や寒風にさらされるのも肌の老化を早める原因になります

帽子や日傘、紫外線予防効果のある化粧品を上手に利用しましょう

紫外線は木陰や軒先にも届きます

また晴れた日ばかりでなく雨の日や曇りの日も降り注いでいるので注意が必要です

その他の病気

皮膚の乾燥とかゆみは内臓の病気でも生じます

腎臓病や糖尿病、肝臓病などでも起こる場合もあります

皮膚の乾燥は症状が強い場合病院を受診しましょう

一般にホルモン補充を受けている人はしみやたるみといった皮膚のトラブルが少ないといわれています

エストロゲン減少と肥満

エストロゲン肥満

更年期のころから急に太りだす女性が増えてきます

その最大の原因は食べすぎです

横になっていると消費するエネルギーを基礎代謝量といいますがこの基礎代謝量は

年齢とともに少なくなります

しかも若いときに比べて運動量も減少するのでそれまでと同じ量を食べていると

エネルギーが過剰に供給され体重の増加や肥満の原因になります

特にこの時期から注意したいのが内臓周りにつく内臓脂肪です

更年期になってお腹が2段腹になってきたウエスト回りがきつくなった人は

内臓脂肪がついているので注意が必要です

体脂肪のうち内臓脂肪が多いと糖尿病や高血圧、狭心症

心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病原因になります

ダイエットのためにはまず自分の適正体重BMIなどで知ることです

体脂肪も事前にチェックしておきましょう

標準範囲を超えている人は1ヶ月に2キロ程度の減量を目標にして

食事と運動で上手にダイエットに励みましょう

ダイエットしながらバストアップ出来るって本当ですか

グラマラスリム・スタイルアップで理想の体形を保ちながら

女性のダイエットをサポートします

 

毎月先着100名限定

通常価格:5980円
初回価格:990円
通常送料無料
83%OFF

メーカー:グローバルコネクト

グラマラスリム・スタイルアップの特徴

必須アミノ酸

必須アミノ酸は9種類が存在しますが体内で作ることが出来ないので食事から摂取する必要があります

1つでも欠けると筋肉や血液の元になるたんぱく質が合成できないので

新陳代謝の低下、免疫力低下など体調不良や痩せにくい体質になります

スポーツや運動などの活動中にBCAAが不足していると上手く脂肪を燃焼させることができないので

スタミナ切れになり疲れやすくなります

ブラックコホシュ

ブラックコホシュはアメリカ原産のハーブで女の根ともいわれ

アメリカでは昔からさまざまな婦人病の治療薬に使用されています

ホルモンのバランスを整え月経前症候群や更年期障害や生理痛の緩和んどに役立ちます

プエラリアやイソフラボン同様にエストロゲンの分泌を促し美肌の維持やダイエットをサポートします

またブラックコホシュに含まれるタンニンには肌を引き締める効果や

メラニンの生成を抑えるので美白の効果があります

毛穴を目立ないようにする作用や制汗効果があるので体臭やにおいを抑える作用もあります

腸の働きと女性ホルモンは関連していますがブラックコホシュに含まれるタンニンには

下痢を改善する効果があるので排卵から生理期間のお腹の不調の改善に役立ちます

またドイツでは医薬品としても利用されているハーブです

発酵プエラリア

プエラリアを発酵させたもので吸収されやすので通常のプエラリアよりもバストアップ効果が期待できます

若返りの効果があり女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促して美肌やバストアップや

女性は25歳ぐらいからエストロゲンが減少して血中コレステロールが溜まり太りやすくなります

プエラリアやイソフラボンには

血中コレステロールを溶かして減少させるので若いときのように痩せやすくなります

エストロゲンは肌の張りやしわを予防するので美肌の維持につながります

大豆イソフラボン

エストロゲンの分泌を促し女性らしい体を維持してくれます

肌の弾力を保つコラーゲンや肌に潤いを与えるヒアルロン酸を合成を助けるので

大豆イソフラボは肌の弾力性を保ちしわを改善予防する美肌の効果があります

大豆イソフラボンはエストロゲンの分泌を促し血液中に増えすぎたコレステロールを溶かすので

肥満を予防してダイエットをサポートします

スーパーフルーツ生酵素120種類配合

ノニ、カムカム、アサーイ、アセロラ、クコ、プルーン、ビルベリー、グアバ、アムラ

エラスチン

肌にハリや弾力を与えたり血管や靭帯の柔軟性や伸縮性を維持する成分です

25歳頃から減少し始めて不足してくると肌に弾力がや張りがなくなりしわやたるみの原因になります

青パパイヤ

コレステロールと中性脂肪の値が高い人は高脂血症といわれています

高脂血症は自覚症状がほとんどなくて放置してしまいがちですが

突然死を引き起こす恐ろしい病気です

血中にコレステロールと中性脂肪が多いと血液がどろどろになり血管を傷つけます

さらにコレステロールが血管の内壁に沈着し血管を厚く硬くします

すると血流が溜まり血管がつまります

脳梗塞や心筋梗塞の原因となり最悪の場合突然死の原因になり早めの対策が必要です

コレステロールの値を下げるために食事制限をしているけどなかなか値が下がらないのは

コレステロールの8割は肝臓で合成され食事からは2割になります

食事だけではコレステロールを下げるのは不可能です

また中性脂肪が多いとコレステロールの更なる増加を促してしまいます

高脂血症の改善には肝臓でコレステロールを合成させないこと

コレステロールと中性脂肪を減らすことが大切です

高脂血症を改善する働きをする青パパイヤ

コレステロールを体内で作る臓器は肝臓です

そして中性脂肪の元になる食事の脂質を吸収して血中に送り込むのは小腸です

この小腸に働きかけてコレステロールと中性脂肪を減らすのが青パパイヤです

コレステロールを作らせない

青パパイヤは肝臓でコレステロールが合成されるのを防ぎ増加を抑制します

コレステロールと中性脂肪を排出

青パパイヤに含まれる食物繊維によりコレステロールと中性脂肪が

小腸から血中に吸収されるのを防ぎ体外に排出します

高血圧の予防、改善

青パパイヤに含まれるカリウムというミネラルには

塩分排出を促す働きがあり高血圧対策に効果があります

歯と骨を丈夫にする

青パパイヤには骨や歯のもとになるカルシウムとリンが含まれています

精神の安定

カルシウムには歯と骨の健康維持だけでなく精神を安定させる働きがあります

こむら返りの防止

青パパイヤに含まれるマグネシウムというミネラルには筋肉の働きを正常に保つ働きがあります

こむら返りの防止にも効果的です

その他美容成分

フィッシュコラーゲン、レッドクローバー、プラセンタ、マカ、エゾウコギ、プロテオグリカン

プエラリアミリフィカ、生姜、ヒアルロン酸、アメリカにんじん、パインバーク

ピロリン酸第二鉄、パファ、ブドウ種子

※詳細はコチラ
グラマラスリム・スタイルアップ

 

膣は肛門に近く不衛生で常に感染を起こす危険にさらされています

しかしそのかわり感染が起こりにくいのは膣には自浄作用があるためで通常は感染が起こりにくくなっています

膣の中には乳酸を作り出すデーデルライン桿菌という常在菌がいて膣内を酸性状態に保っています

そのために病原菌が侵入しにくく侵入しても酸性の中では生きていけないので死滅してしまいます

膣炎と呼ばれる膣の炎症はこの自浄作用が低下したときに起こります

女性なら誰でもかかることがある一般的病気です

原因によりいろいろな膣炎がありますが更年期から増えてくるのはエストロゲン減少による萎縮性膣炎です

大腸菌やブドウ球菌などの細菌に感染した膣粘膜が乾燥したりして炎症を起こします

閉経が近くなるとエストロゲンが低下して膣粘膜が萎縮して薄くなり膣内の自浄作用が衰えます

その結果細菌などに感染しやすくなります

膣の自浄作用が落ちているので外陰部を清潔にすることを心がけましょう

強く洗いすぎるとかえって外陰部の粘膜を刺激したり傷をつけることになり注意が必要です

外陰部を洗うときは刺激になる石鹸は避けて刺激の少ない石鹸でやさしく洗いお湯で流す程度にしましょう

ガードルなどで体を締め付ける下着や通気性の悪い下着は膣や外陰部がむれて膣炎をおこすきっかけになります

また過労や睡眠不足などで体の抵抗力が落ちているときは病原菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です

その他の膣炎

膣カンジタ菌

カビの一種のカンジタ菌により起こります

抗生物質の服用や体の抵抗力が落ちたときに発病しやすく性行為で感染することもあります

カッテージチーズのようなおりものが増えて強いかゆみが特徴で

治療には抗真菌性の膣錠剤や内服薬を使用します

7日から10日で良くなりますが再発することがよくあります

膣トリコモナス症

トリコモナスという原虫によりおこります

ほとんどが性行為による感染でかゆみが強く細かい泡状の黄色っぽいもしくは緑がかったものが多くなります

膣以外に尿路に感染していることも多く膀胱炎に似た排尿痛があるのも特徴です

治療には抗トリコモナス剤の内服薬や膣錠剤を使用します

完治までには約2週間前後かかります

子宮下垂は子宮が正常な位置よりやや下がりまだ膣の中にとどまっている状態です

子宮脱は下垂がさらに進行したもので子宮の一部または全部が膣の入り口から外へ出ている状態です

子宮下垂や子宮脱があると子宮の前方にある膀胱や後方にある直腸も膣の壁といっしょに膣外に脱出する

膀胱脱、直腸脱を合併することが多くあります

子宮は骨盤のほぼ中央にあり前後左右の靭帯で支えられまた骨盤底の組織によりその位置が保たれています

これらの子宮を支えている靭帯や骨盤底の筋肉が弾力を失い弱くなるために起こります

靭帯や筋肉が弱くなる原因は年齢や妊娠分娩による影響も大きくお産の回数が多かった人

難産だった人産後早期から働いていた人長年たち仕事や肉体労働をしていた人に多くあります

更年期以降エストロゲンの分泌が低下してくると

膣や骨盤底の筋肉の緊張がゆるんでくるために起こりやすくなります

健康状態には問題が無くて治療の必要もありません

脱出の程度が強くなり脱出した子宮を指で押し戻しても戻らなかったり

外陰部に出た子宮が体や下着に接触して不快に感じたり炎症を繰り返します

また膀胱脱は残尿が多くなり膀胱炎を繰り返して尿が出にくくなったりすることがあります

日常生活に支障が出る場合は治療が必要です

ペッサリー挿入法

ペッサリーを膣内に入れて脱出した子宮を押さえます

前後膣壁形成術

子宮を摘出して膣壁を縫い締めて強化します

マンチェスター手術

子宮頸部を切除して膣壁を縫い締めて強化します

ルフォー氏手術

前後の膣壁を縫合する手術です

性生活の無い高齢者向きで比較的に痛みの少ない楽な手術です

腹圧がかかったり下垂が進みます

日常生活では重いものを持ち上げたりお腹に力が入るような重労働や立ち仕事などは避けましょう

また便秘をしないようにしましょう

そのほか肛門を引き締める骨盤底筋体操などをして骨盤底筋が衰えないようにしましょう